なぜ書くか?今回も破壊力満点、田中泰延さん@六本木大学

  • ブックマーク
  • Feedly

今回も破壊力満点のお話であった。これはもう、お笑いである。

2時間のお話で、目次っぽいものが出てきたのは32分たってからのことだった。とは言え、田中さんがスライドを用意していたこと自体が想定外である。

その後、役に立つ話をしていたのは60分〜90分の間の30分ほどである。その30分だって半分はお笑いだった。

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんの独演会に行ったことがある。やっぱり笑い通しだったけど、大切なことはきちんと伝わってきた。

大切なことを、お笑いに包んでお話をする。なんと高度な技なのだろう。

結局、今も覚えている授業なんて、大笑いした授業、話しが面白かった授業しか思い浮かばない。

結局「笑い」がすべてを引き寄せる。

知らんけどw

読みたいことを、書けばいい。
ダイヤモンド社 (2019-06-13)
売り上げランキング: 2,354

もう皆読んだ方が良いよ。アフィリコード入ってるけど(笑)

【無料】小さいビジネスの為の情報発信

小さいビジネスの為の情報発信をまとめた動画を【無料】でお送りします。

この記事を書いた人

上田修司(しゅうしゅう)