自分と向き合う方法。「自分のために書く」のすすめ

  • ブックマーク
  • Feedly

自分のために書く。

これは何をやっているのかと言うと、とどのつまり自分と向き合うと言う事をやっています。

よく

「自分と向き合います!」

って言う人います。でも僕は思うのです。

向き合い方知ってる?

って。

僕の質問の師匠マツダミヒロさん。ミヒロさんが主催する魔法の質問の一番メインの講座

魔法の質問認定講師マスター 講座で写真撮影をさせて頂いています。

その中で参加者がミヒロさんに質問をする機会があります。そのやりとりは、参加する人の表情が緩むと言うか、光を見つけて輝く一番の時間。

そこである人が

自分と向き合うってどうやるんですか?

と言う問をしていました。ミヒロさんは

「書く」しか僕は知らないな〜

と答えていたのです。もしかしたら世の中には他の方法もあるかもしれません。

信頼出来る人〜コーチングを受ける。なんて方法もあるかも知れません。

ですが、1人で出来る方法と言えばもう

「書く」

しか無いと思います。

マツダミヒロさん

「自分のために書く」のはじめ方

はじめ方は簡単です。出来る事ならお気に入りのノートとペンを買ってきます。

そして自分に質問をします。

「今、何が気になっているかな?」

とか

「今、頭に浮かんでいることは何?」

でそれが思い浮かんだらそれを書きます。

あー良い天気だな。気持ちいいな。気持ちいいって大事だな・・・今まで僕はそれを大事にしてきただろうか・・・

今日は雨だね。ちょっと寒い。でも久しぶりの雨だからこれは恵みの雨だよね。雨があるからまた晴れの日も引き立つんだよね。

もう、●●が気になって仕方がない。僕は本当はどうしたかったんだろう?なんであんな態度をしてしまったんだろう?本当は●●したいのに・・・

もう、文章書くの面倒だな。なんで書いてるんだろうな・・・。何書けばいいの?つーか他の人は何書いてんの?調べてみるか〜

なんてこんな感じであまたに浮かんだことを何でも書く。これが自分との対話です。

そんな中で

  • 本当はどうしたかったの?
  • 本当は何を思っていたのか?
  • その時何を考えていたのか?
  • 何でそんなことをしたのか?
  • それってどう言うこと?

etc…

こんな会話を、文字になった自分と対話しながら、少しずつ自分の気持ちを確かめていく。

これが自分の書く一番のメリットです。

それを何も判断をせず、ただただ観察しながら面白がって、心赴くままに、手が動くままに、人によっては頭フル回転させて書く。

その積み重ねこそが、自分を向き合う。

だと思うのです。

自分を理解する事が、自分の人生を豊かにする上で一番大事なことの1つ。

是非「自分のために書く」やってみて下さい。

【無料】小さいビジネスの為の情報発信

小さいビジネスの為の情報発信をまとめた動画を【無料】でお送りします。

この記事を書いた人

上田修司(しゅうしゅう)