自分に書くとは「自分に伝わる言葉を探すこと」

  • ブックマーク
  • Feedly

自分のために書こう。とお伝えしてきました。

自分に書くことのひとつの目的は

自分に伝わる言葉を探すこと

です。

自分にしっくりくる言葉ってあります。その言葉を見つけたときに人は行動したい!と思うようになります。

頭でこれやった方が良いよね。

ではなくて、

それをやらずにはいられない

と言う状態になる事です。

例えば その1

僕の例で言うと去年の6月に

僕は締め切りが大嫌い。デザイナータイプではなくてアーティストタイプ。

と言う事に心底納得しました。すると、そう言う人生を生きるにはどうしたら良いのかをずっと考え続けます。

それは自然と考えてしまうと言う状態です。僕はずっと人から言われた事をやるのが得意だと思っていました。

でも実はそれに苦しんでいる自分に気付いてしまったのです。

Art, paint, box.

例えば その2

僕はゴルフ業界で活躍する人材になる

これは8年前に自分の中から出てきた言葉です。ゴルフは15歳からやってます。

バブルでゴルフが高すぎて大学入学から30過ぎまで中断していましたが、この想いはずっとあったんだなとビックリしました。

就職時にそれとなくある人に相談したら、休みは少ないし、給料は安いし、労働時間も長いし辞めとけと言われました。

そしてその思いを封じ込めていたんだなって8年前に理解したのです。

その後、ゴルフ関係のメルマガを書いたりブログを書いたりしました。

その活動を通じて、僕はゴルフ関連の仕事は一旦蓋をしました。行動したからわかったんですよね。一旦蓋をしようと。

今でもアイルランドをゴルフしながら、旅しながら、仕事をする。この想いはあるのです。

自分に伝わる言葉が見つかると人は行動せずにはいられなくなります。

自分に書くとは、自分に伝わる言葉を探すこと。

自分に伝わる言葉は、行動せずにいられない自分 のエネルギー源なのです。

【無料】小さいビジネスの為の情報発信

小さいビジネスの為の情報発信をまとめた動画を【無料】でお送りします。

この記事を書いた人

上田修司(しゅうしゅう)