ブログが書けなくても、書こうとする姿勢が大事

  • ブックマーク
  • Feedly

ブログが書けない日と言うのがあります。

まあ書こうと思えば何でも書けるのだけど、ちょっとそれ書いてもなぁ〜

って僕自身思っている節があるんですよね。

それは

  • 読み手の人の時間を奪いたくない
  • もっとエネルギー込めて書きたい

そんな想いがあるときです。

特に仕事や他に優先したいことがあって充分に時間やエネルギーを掛けられないとそんな状況に陥ります。

自分の今ある状況で、

  • あくまでも自分のために書く
  • やっぱり他人のお役立ちになる様に

とそのスタンスは違ってくるでしょう。

で、大事なのか書けたとか書けないとかじゃなくて書く姿勢を見せたってことだと思うのです。

書く姿勢を見せたことと、そもそも書く気が無いのは全然違います。

何を書こうかと思って書き始めることが大事だし、そうやってまずはやってみる姿勢ってとても大事。

実はこの記事の前に2つ書いたのですが、出すほどじゃないな。出すならもっと深く書こう。

そう思って、今は仕舞ってあります。でも書いた、書き始めたってことが凄く大事なんです。

書き始めたから、もっと深く書くのが良いと思えた。僕の考えがまだまとまってないことがわかるんですよね。

だから、大事なのはまずは書いてみようと思うこと。それが自然と出来る様になったら、だんだん書くことも当たり前になってくる気がします。

【無料】小さいビジネスの為の情報発信

小さいビジネスの為の情報発信をまとめた動画を【無料】でお送りします。

この記事を書いた人

上田修司(しゅうしゅう)