汚い言葉こそ、寂しい言葉こそ、全部書き出す

  • ブックマーク
  • Feedly

書く、書く、書く

とにかく書く。汚い言葉、卑劣な言葉、寂しい気持ち、不安な気持ち。

全部書く。見たくない言葉も書く。これが一番大事。

そんな自分がホントの自分。そんな自分を全部吐き出す。そんな言葉を吐き出すにはエネルギーがいる。怒りのエネルギー、寂しさのエネルギー、卑劣なエネルギー。

ひとしきり出したら、それらのエネルギーは枯渇する。

そしてそこに出てきた、ちょっと前の自分を見て見る。そして声を掛けてあげる。

そうかそうか。そうだよね。うんうん、頑張ったよね。涙を浮かべながらちょっと前の自分に声を掛ける。

そして最後に静かに問う。

で、どっしよっか?

それに答えるのもいい。答えないのもいい。

そうすることで、またちょっとだけ前に進める。

【無料】小さいビジネスの為の情報発信

小さいビジネスの為の情報発信をまとめた動画を【無料】でお送りします。

この記事を書いた人

上田修司(しゅうしゅう)